セイカ ウルトラ怪獣消しゴム :大怪獣バトルけしごむ

ミニブック表
  • 2007年にバンダイより稼動のアーケードゲーム(後に映像化)から、同ゲーム登場(1弾2弾相当)の怪獣を2体100円の箱売りでセイカから販売。
  • 下敷き、エンピツと組み合わせてゲームが出来るというモノで、表向き文房具だが、どう考えても玩具である(笑)。尚、怪獣消しゴムの歴史の中で始めて「消しゴム」として使える点が特記事項。
  • 成型色は赤・黄・青で、前述のゲームの設定に影響する。シークレットとして投入されたウルトラマンは赤のみの成型色である。ゴモラのみ、雑誌オマケの緑が存在する。
  • 残念ながら1弾で終了となったが2弾販売を予定したと思われる10体がテレビマガジン(2008年6月号)の付録として登場。成型色はオレンジのみ。
  • 現時点で最も新しい「怪獣消しゴムのシリーズ」となる。
  • 刻印は(C)円谷プロ CHINA SEIKAで共通の為、省略した。紹介順は、ミニブックに準じる。

※画像をクリックすると、大きな画像をギャラリーでご覧いただけます。
※怪獣の名前をクリックすると、各怪獣の詳細がご覧いただけます。

  • No.001
    ガラモン

    • 登場作品
      ウルトラQ
      備考

  • No.002
    バルタン星人

    • 登場作品
      ウルトラマン
      備考

  • No.003
    ゴモラ

    • 登場作品
      ウルトラマン
      備考

      ケロケロエースという雑誌の付録の緑ヴァージョンがある。

  • No.004
    メフィラス星人

    • 登場作品
      ウルトラマン
      備考

  • No.005
    ジェロニモン

    • 登場作品
      ウルトラマン
      備考

  • No.006
    テンペラー星人

    • 登場作品
      ウルトラマンタロウ
      備考

  • No.007
    ゴルザ

    • 登場作品
      ウルトラマンティガ
      備考

  • No.008
    レイキュバス

    • 登場作品
      ウルトラセブンダイナ
      備考

      怪獣消しゴムとしては初めてのアイテム。

  • No.009
    ガンQ

    • 登場作品
      ウルトラマンガイア
      備考

      こちらも怪獣消しゴムとしては初めてのアイテム。

  • No.010
    超コッヴ

    • 登場作品
      ウルトラマンガイア
      備考

      これも怪獣消しゴムとしては初めてのアイテム。近年発売ゆえ、平成怪獣が多いのも特徴。

  • No.011
    レッドキング

    • 登場作品
      ウルトラマン
      備考

  • No.012
    ダダ(A)

    • 登場作品
      ウルトラマン
      備考
      カタログは単にダダと記載。

  • No.013
    キングジョー

    • 登場作品
      ウルトラセブン
      備考

  • No.014
    グドン

    • 登場作品
      帰ってきたウルトラマン
      備考

  • No.015
    ツインテール

    • 登場作品
      帰ってきたウルトラマン
      備考

  • No.016
    ヒッポリト星人

    • 登場作品
      ウルトラマンA

      備考

  • No.017
    バキシム

    • 登場作品
      ウルトラマンA
      備考

  • No.018
    モンスアーガー

    • 登場作品
      ウルトラマンダイナ
      備考

      これも初の怪獣消しゴム。

  • No.019
    サタンビートル

    • 登場作品
      ウルトラマンレオ
      備考

  • No.020
    キリエロイド

    • 登場作品
      ウルトラマンティガ
      備考

  • No.021
    ウルトラマン

    • 登場作品
      ウルトラマン
      備考

      いわゆるシークレット。成型色は赤のみ

  • No.022
    ナックル星人

    • 登場作品
      帰ってきたウルトラマン
      備考

      ここから、雑誌付録分。

  • No.023
    EXゴモラ

    • 登場作品
      大怪獣バトル
      備考

      ゲームのオリジナルからスタートし、後に映像にも登場したゴモラの進化怪獣。

  • No.024
    ベムラー

    • 登場作品
      ウルトラマン
      備考

  • No.025
    ベムスター

    • 登場作品
      帰ってきたウルトラマン
      備考

  • No.026
    エースキラー

    • 登場作品
      ウルトラマンA
      備考

  • No.027
    マグマ星人

    • 登場作品
      ウルトラマンレオ
      備考

  • No.028
    ゼットン

    • 登場作品
      ウルトラマン
      備考

  • No.029
    バルタン星人

    • 登場作品
      ウルトラマンパワード
      備考

      テレマガの紹介では「パワードバルタン」通称である。

  • No.030
    ブラックキング

    • 登場作品
      帰ってきたウルトラマン
      備考

  • No.031
    タイラント

    • 登場作品
      ウルトラマンタロウ
      備考

  • レアリティ解説(ライトユーザー向け)

    • 最も近年の怪獣消しゴムであり、また、あまり売れなかったのか、大量のたたき売りがあった・・・という話もあり、総じて価格も安い。怪獣消しゴムのコレクターにあまり見向きされてないフシもある(笑)

  • マニアックな概要

    • 実際に消しゴムとして使えるという縛りの為か、造型、モールドは緩めで素材も柔らかく、コレクトアイテムとしては少々扱い難い部分がある。

      しかし、時期ゆえ平成のウルトラ怪獣も消しゴムとして登場した点は非常に意義深く感じる。

      シリーズの長期化を期待したが、1弾のみの販売が惜しまれる。未発売分と思われる分を雑誌のオマケながらもフォローした点も、評価したい。左がその箱の画像。

ウルトラ怪獣消しゴム 他社製品を見る

ブルマァク

マルカ玩具

タカラ

ウィルビィ

雪印

セイカ

▲ページの先頭へ
inserted by FC2 system